賃貸のすゝめ

賃貸を学ぶ

賃貸だからこそ実現可能な暮らしとは

賃貸だからこそ実現可能な暮らしとは 住宅ローンを組んでマンションを購入しておけば、二十年、三十年先には住宅ローンを支払い終わり、自分の財産にする事が出来ます。
一方、賃貸暮らしの場合は、同じマンション暮らしであっても、家賃を幾ら長く支払い続けても積み重ねにはならないので、自分の財産にする事が出来ません。
なのでそういった将来的な損得だけで見ると、購入した方が賢いと思えるものです。
ですが実際は、賃貸暮らしだからこそ実現可能な暮らしというのも存在しています。
というのも、新築のマンションでの暮らしというのは真新しい部屋に最新の設備が整っており、快適で多くの人が憧れるものです。
そのため購入する際も、新築マンションに拘る人は少なくありません。
ですがそうやって新築マンションを購入した人でも、新築の真新しさを感じながら、心地良く暮らせるのは、せいぜい一、二年程だったりします。
それ以降は、新築の真新しさはどんどん失われて行ってしまうのです。
ですが購入した以上は、長くそこに住み続ける羽目になります。
ですがこれが賃貸暮らしならば、新築マンションの真新しさがなくなった所で、契約を打ち切り、別の新築マンションに引っ越す事が出来ます。
こんな風に次々に新築マンションに移り住む事で、快適な暮らしを維持し続ける事が可能です。

意外と多い、賃貸のメリット

賃貸のメリットで最初に挙げられるのは、すぐに引っ越しが出来るという事でしょう。
もし、隣人に問題があったら。
近くに工場が建てられてしまったら。
賃貸ならば、わずらわしい問題に苛まれる心配はありません。
面倒な事になる前に、自分から出てしまえばいいのです。
続いて、災害に強いという面があります。
日本では、特に大地震がいつ起こってもおかしくありません。
それによって住む場所がなくなってしまっても、別の場所に移り住めばいいだけです。
また、住宅やマンションの購入のための時間稼ぎになります。
もし、時間の経過でその価格が落ちることがあらかじめ分かっていれば、購入を急ぐ必要はありません。
それがわずかな期間であるならば、安アパート等でも我慢できるでしょう。
そして、信頼できる管理会社によって管理されている賃貸ならば、建物の掃除や修繕を行う必要すらありません。
業者に頼んで清掃してくれる管理会社は意外と多いのです。
また、管理会社は通常建物保険を利用していますから、破損した場合は自費で治す必要がほぼありません。
もしかしたら、多少のわがままも聞いてくれるかもしれません。
住宅と、賃貸。
それぞれにメリットがあり、デメリットもあります。
それを見極め、快適な暮らしをしていきたいですね。

物件情報サイト

希望に沿った物件情報を提案してくれるお部屋探しの頼もしい味方

神戸 マンション